メリジャノサラタ

ギリシャ

タラモサラタなどと並んでポピュラーな焼きナスのサラダです。 ナスは皮を剥いた後ザルに上げて水気をしっかり切るのと、 つぶしすぎないのがコツです。

材料 4人分
・ナス  8本
・にんにく  1かけ
・塩  小さじ1/2
・ワインビネガー  大さじ1〜2
・オリーブオイル  大さじ3〜4
作り方
1. ナスは数カ所フォークで刺して穴をあける。皮が黒くなって果肉が柔らかくなるまでグリルで焼く。
2. 1のナスを半分に切り、スプーンで果肉をくりぬく。ザルに入れてしばらく置き、汁気をきる。(30分くらい)
3. ナスを粗く刻んでボールに入れ、すりおろしたにんにく・塩・ワインビネガーを混ぜ合わせる。さらにオリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜる。
おつまみ的に前菜として食べるものです。パンにつけたり、そのまま食べたりします。現地では、ナスの他にオリーブが入ったものや玉ねぎが入ったものなど色々なアレンジがあるのですが、このメリジャノサラタが美味しいお店は、他の料理も美味しいと言われています。

バクテー(肉骨茶)

シンガポール

シンガポールやマレーシアの名物、バクテー(肉骨茶)。 豚肉を漢方やスパイスと一緒に煮込んだ、滋養たっぷりのスープです。

材料 4~6人分
・ポークリブ(スペアリブ用の骨付き豚肉) 600g
・豚もも肉の塊(ヒレ肉の塊でも可) 400g
・にんにく 1個
・シナモンスティック 1本
・スターアニス 5個
・クローブ 10粒
・黒こしょう粒 大さじ2
・チンピ(陳皮) 2、3切れ
・薄口しょうゆ 1/2カップ
・(味をみて)塩、粗挽き黒こしょう、砂糖 適宜
作り方
1. にんにくはひとかけずつにばらし、皮をむく。半分に折ったシナモンスティック、スターアニス、クローブ、黒こしょう粒、陳皮をガーゼに包んでたこ糸などで縛り、巾着状にする。(またはお茶パックなどに入れる)
2. 鍋に3リットルの水を入れ、にんにく、ポークリブ、もも肉の塊、1のスパイス類を入れて沸騰させる。アクを充分取って、薄口しょうゆを加え、肉が骨から外れるくらいになるまで約2時間、ふたをせずにコトコトと静かに煮込む。煮込んでいる間、出てきたアクや脂は丁寧にすくい取る。
3. 味をみて塩、こしょうをし、もも肉の塊を適当に切り分けてリブと一緒に器に盛る。スープとにんにくを上からかける。
※ 本場のバクテーには中国漢方ハーブが使われます。香り高く仕上がり、薬効も得られるので、もし手に入れば使ってみて下さい。カンゾウ(甘草)、ラカンカ(羅漢果)、トウジン(党参)、センキュウ(川弓)、トウキ(当帰)、ジオウ(地黄)を各少々。シナモンや黒こしょうと一緒にガーゼに包んで煮出します。

Romazava(ルマザバ)

マダガスカル

材料 4人分
牛豚かたまり肉 1kg(ぶつ切り)
トマト 1個(ざく切り)
玉ねぎ 1個(ざく切り)
にんにく、しょうが 各1かけ(石臼でつぶす)
クレソン 3~4束(洗って適当な大きさに切る)
岩塩、こしょう  適量
タイム(生)
山椒(実または粉)
作り方
1. 鍋に油を熱し、にんにく、しょうがを炒める。牛豚かたまり肉、トマト、玉ねぎを加えてじっくり炒め、水と塩こしょう、タイムを入れて煮込む(本来はゆっくり時間をかけて煮込みますが、圧力なべも可。)
2. 火を止めてクレソンを入れる(シャキシャキ感を残す)。お好みで山椒を入れていただく。
※本来は山椒の実のようなほろ苦い実のついた青菜を用いますが、青菜なら何でもよいようです。
ほろ苦さを再現するために山椒を入れてみました。
ほうれん草、小松菜など、現地でも家庭によって様々なようです(日本のお味噌汁のような感じです)。
スープを白いご飯にかけていただきます。

◯トマトサラダ
・トマト 1~2個
・玉ねぎ 1/2(みじん切り)
・塩、こしょう、レモン汁

◯キャベツのクレオールサラダ
※クレオール料理は、インド洋の島々に伝わる混血文化の料理です。
フランス、アフリカ、アジア、インド料理などが融合しているといわれています。
ターメリックを使うのが特徴?です。
・キャベツ(千切り)
・玉ねぎ(薄切り)
・インゲン(熱湯に浸して柔らかくする)
・ホワイトビネガー
・ターメリックパウダー(うこん)
・塩コショウ
野菜をさっと炒めてビネガーとターメリックパウダー、塩コショウで味付けする。

◯バニラ風味のフルーツサラダ
・パイナップル(他にオレンジ、バナナ、マンゴなど)
・バニラビーンズ (半分に切ってフルーツとあえる)

セビーチェ

メキシコ

材料 4人分
・マリネ液(ライム、レモンなどの
柑橘のしぼり汁 2個分) 塩 少々

・タコ、白身魚、エビなどお好きな魚介
(サーモンは少し生臭くなるので白身魚がおススメ)

・玉ねぎ、セロリ、パプリカなどお好みの野菜 適量

・シアントロ(香菜)  適量
作り方
1. 魚介を一口大に刻み、生のまま柑橘のマリネに一晩漬ける
2. 玉ねぎ、セロリ、パプリカなどお好みで野菜を 翌朝混ぜ込む (魚介より少なめに)
3. シアントロを刻みさっと混ぜる
※ 盛り付ける時、ライムやカボスをスライスして飾っても

ピサンゴレン(揚げバナナ)

インドネシア

バナナを揚げた、インドネシア定番のスイーツ

材料
バナナ 2本
春巻きの皮(ミニサイズ) 8枚
揚げ油  適量
水溶き片栗粉   適量
シナモンシュガー  適量
バニラのアイスクリーム お好みで
作り方
1. バナナは2等分し、縦半分に切る。
2. 春巻きの皮で巻き、水溶き片栗粉で端をしっかりとのり付けする。
3. フライパンに油を熱し、低温(160度くらい)できつね色になるまで揚げる。
4. お皿に盛り、アイスクリームを添え、シナモンシュガーをふる。

カンクンゴレン(空芯菜炒め)

インドネシア

空芯菜を使ったインドネシア料理定番の炒め物

材料 4人分
空芯菜 1束
にんにく 1~2かけ
バワンメラ 1~2本 又は赤唐辛子 1本
サラダ油   適量
塩・こしょう  適量
作り方
1. 空芯菜は3~4等分に切る。ニンニクはみじん切り、バワンメラ(赤唐辛子)は輪切りにする。
2. フライパンに油を熱し、ニンニクを炒め香りが出たらバワンメラを入れる。
3.そこへ空芯菜を入れてしんなりしてきたら、塩・こしょうで味付けをする。
ポイント
・油は多めにする。
・バワンメラは大きめのあまり辛くない唐辛子。手に入らない場合は赤唐辛子を代用する。
・唐辛子の量はお好みで調整してください。

ガーダタン

中国

中国の超簡単すいとんスープです。
サッと作れて体にもやさしいあったかスープです。

材料 4人分
薄力粉    100g
長ネギ    1/2本(小口切り)
トマト    2個(角切り)
卵      2個
ごま油    大さじ1
塩・こしょう 適量
水      6カップ
作り方
1.鍋にごま油を熱し、長ネギを炒める。香りが出たらトマトを加えて軽く炒め、水を加えて沸騰させる。
2. ボールに薄力粉を入れ、水(分量外)を少しずつ加えながら菜箸で混ぜ、全体的に小さな固まりがたくさんできるようにする。
1の鍋にボールの中身すべてを入れ、表面に浮き上がってきたら、溶き卵を加え、塩こしょうで味を整える。

豆腐皮の中華合え

中国

豆腐皮とは豆腐をシート状に圧縮して作った中国の食材です。
シコシコとした食感が特徴です。
この食感やみつきになります。

材料 4人分
豆腐皮    1枚
きゅうり   2本
もやし    1袋
しょうが   少々
ごま油    適量
塩・こしょう     適量
しょう油 酢 砂糖  適量
ラー油(お好みで)
作り方
1. 豆腐皮はさっと湯通して適当な長さに切り、5mm幅くらいの細切りにする。もやしは茹でておく。
きゅうりは千切りにし塩でもむ。しょうがはみじん切りにする。
2. 1. ボールにしょうがと調味料を入れて混ぜ、1の材料と合える。

ページ先頭へ戻る